MENU

リョウシンJV錠は効かない?効果なしの理由

関節痛や神経痛に飲んで効く医薬品として話題のリョウシンJV錠ですが、効かないという口コミもあるようです。効かない、効果なしにはどんな理由があるのでしょうか。

 

まず、リョウシンJV錠は、関節痛や神経痛、筋肉痛、眼精疲労の緩和などに効果的です。一方、坐骨神経痛、椎間板ヘルニアなどには効果を得ることは出来ません。

 

また、リョウシンJV錠の効果のあらわれ方は人それぞれの部分もあります。痛みの程度にもよりますが、実際にリュウシンJV錠の効果を実感しているという人の多くは、1ヶ月〜数ヶ月の期間飲み続けているようです。

 

このように、リョウシンJV錠が効かない、効果なしなどの理由には、リュウシンJV錠の効果が認められない症状や、効果に即効性を求めた場合が考えられます。

 

自身の痛みの症状を確認し、関節痛や神経痛などであれば、コツコツと飲み続けることが大切です。1ヶ月〜半年ほどの継続を目安として考えていくという具合です。

 

リョウシンJV錠は1日1回、食前でも食後でも好きなタイミングで服用できるため、続けやすさが評判です。リョウシンJV錠を継続して、つらい関節痛や神経痛を緩和していきたいですね。