MENU

富山常備薬グループのリョウシンJV錠の成分について

富山常備薬グループのリョウシンJV錠は、肩、膝、腰などの関節痛や神経痛に効く医薬品ですが、どのような成分が配合されているのでしょうか。

 

リョウシンJV錠には、身体の内側か働きかける6つの有効成分が配合されています。まず、血流促進の成分として、ビタミンE誘導体の一種であるトコフェロール酢酸エステルが配合されています。トコフェロール酢酸エステルは、血流の改善を促します。

 

関節痛や神経痛の緩和に役立つ成分には、シアノコバラミン、ピリドキシン塩酸塩、ガンマ-オリザノールが使われます。ビタミンB群であるシアノコバラミンには、神経細胞機能を正常に保つ働きがあり、ピリドキシン塩酸塩でビタミンB6の補給をし、ガンマ-オリザノールは自律神経を調整します。

 

疲労時の栄養補給として、フルスルチアミン塩酸塩とパントテン酸カルシウムが使われています。フルスルチアミン塩酸塩は、ビタミンB1の欠乏の予防などに用いられます。また、パントテン酸カルシウムは、ビタミン補給として含まれていることが多いです。

 

リョウシンJV錠には、このように関節痛や神経痛の他にも体力低下や肉体疲労にも効果的な成分が配合されています。血流を促進させ、痛みに効く成分を含みますから、リョウシンJV錠で効果も期待出来そうです。

 

関節痛や神経痛に悩んでいる人は、富山常備薬グループのリョウシンJV錠を一度試してみてはいかがでしょう。リョウシンJV錠は試しやすい初回限定価格が設定されています。詳しくはリョウシンJV錠の公式サイトを見てみてください。